FX外為ランキング本年度最新版

最近話題の「オプザイル」とは、一体どのようなものなのか。

    

「オプザイル」とは、華やかな恰好をした男女が充実した生活を見せつつ「バイナリーオプション」という金融商品で毎月通常以上の利益を出しているように演出している集団です。

彼らは、主にフェイスブックなどのSNSで、利益を出している取引履歴をアップしたり、高級ブランド店での買い物や一流ホテルやレストランでの写真を載せてリッチな生活ぶりをアピールしています。
ネオヒルズ族みたいな感じと言えば判りやすいかもしれませんね。

※バイナリーオプションとは、
将来の為替レートが設定された目標レートを上回っているか、下回っているかを予測する金融商品です。
toha_01
例)現在1ドル=192.50円として、1時間後92.50円より上か下かを当てる金融商品です。

この「オプザイル」という集団にはITリテラシー(情報活用力)の高い若者でも騙されている事があるのでご注意ください。

彼らの口説き文句は下記のような言葉が多いです。
「行動力と決断力が大事」
「自由になった時間で自分を高める」
「今の生活を変えよう」
「一歩を踏み出してよかった。」
「月収7ケタなんて余裕」
「チャンスをつかむ。動き出さなきゃはじまらない」
「生徒が結果をだして感謝されている。期待している。一緒にがんばろう」
「親孝行をできるように」
「以前の私のお給料1か月分なんてすぐ稼いでしまう」
等があります。
「イケてる自分」を演じて、「投資さえはじめればこうなれるのかも」と思わせます。
画像の例でいえば
20141204163450 7f2f6181 binary_moukaru_20150428 sutema-1 2
のような画像を使って煽ったりします。

では彼らの最終目標は何なのか
「海外業者へのアフィリエイト」や「教材販売・セミナー開催」がほとんどである。
パチンコがいい例ですが、傍から見れば詐欺だと思う事も当事者になれば儲かると思ってしまうものです。

そもそも投資でよっぽどついてない限り200%や300%の利益は有り得ない。
年利20%も出ればかなりいいと思われます。
私もFXをしていた時は月利で良い時で10%で悪いと5%とかもありました。
投資資金の差もかなりあったのですが、株をしていた時の方がまだ利率は良かったです。
と個人的な話はここまでにさせていただいて

「オプザイル」に騙されないためには、金融庁に登録されているFX業者を選定する事。
投資は自己判断で、いちばん当てにならないのは他人の「絶対もうかる」です。
絶対もうかるなら、金貸しが存在するわけない。
人に貸すより投資した方が儲けになる。
そう言う強いメンタルをもって投資に臨んでください。
本を購入するとか、きちんとした勉強できる場所に行くのはお勧めします。